小学生の作文なら「ぶんぶんドリム」

ぶんぶんドリムは、小学生向けの作文通信教育です。

学習時間は1日10分程度で、書く力、読解力、思考力、想像力を総合的に伸ばすことが出来ます。

監修は「声に出して読みたい日本語」の著者で、明治大学教授の斎藤孝先生。子どもが楽しくひとりで学習できるような、マンガ形式のオリジナル教材になっています。

作文の力が付くということは、どういうことでしょうか。

それは、単に国語の力がつくというだけではなく、自己表現能力やコミュニケーション能力の向上にもつながるものです。

将来の中学受験、高校受験に繋がることでもあります。

作文で表現力が付くということは、読解力の力もつくということです。文章を読み取る力、考える力がつけば、国語だけでなく、他の教科の成績も上がっていくでしょう。

語学の力、特に国語を伸ばすのには、脳科学的に小学生の時の学習が大切だそうです。


ぶんぶんドリム コース紹介


小学校1年生対応コース ワクワク入門コース
小学校の学習指導要領に即して、国語の3つの要素「書く力」「読む力」「話す・聞く力」という国語の基本を学びます。

小学校2年生対応コース ドキドキ基礎コース

クイズやパズルなどを利用して子供の学習への興味を引きだします。
短い文章作りから始め、作文を書くことが好きになり、作文が楽しくなります。

小学校3年生対応コース グングン上達コース

詩や小説などの名文を音読・暗唱し、美しいリズムや表現を身に付け、書く事に自信が持てるようになります。

小学校4年生対応コース メキメキ応用コース

工夫して書く為の力を身につけられるコースです。算数や社会、理科など他教科の学習にも役立つ立体的な構成になっています。

小学校5・6年生対応コース トコトン実践コース
感想文や色々な種類の作文を書く練習をします。表現力、論理的思考が伸びます。

小学校5・6年生対応 公立中高一貫受験対応コース バッチリ完成コース
書く力・読解力・思考力・想像力を総合的に伸ばしていきます。公立中高一貫校の入試に対応したコースです。


さらなる詳細は、ホームページで確認して下さい。
小学生の作文通信教育講座「ブンブンどりむ」



タグ:小学生 作文
posted by 吉原教室 at 21:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教材・講座の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128851981
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック