気の置けない人

やはりこの言葉も、誤解している人が多い言葉です。

さてこの「気の置けない人」とは、どんな人のことを指すのでしょうか。

以前の文科省の調査だと「気を許すことができない人」と「気を使わなくてもよい心の許せる人」というのが半々だったそうです。

「気の置けない」「気が置けない」は、「遠慮しなくてもいい気楽につき合える」ということだそうです。

「気の置けない人」は、気持ちが通じ合った気配りの必要ない人のことなんですね。

あなたには、「気の置けない」友人が何人いますか?

子どもの未来は「国語力」で決まる!



タグ:作文 雑学
posted by 吉原教室 at 11:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック