人一倍努力するってどういうこと?

「人一倍努力する」ってどのくらい努力することなんでしょうか?

人一倍の一倍を算数のかけ算だと考えてしまうと、一倍ですから1×1で、人と同じだけ努力するってことになってしまいますね。

でもこれ違うんですよ。

「人一倍」は、もともとある数に同じだけの量を加えるという意味だったんです。

つまり「人一倍」は、1+1のことで、「人一倍努力をする」は、「二人分の努力をする」と言うことです。ですからかけ算で考えるなら2倍の努力をするという意味になります。

日本語って、ちょっとややこしいですが面白いですね。

子どもの未来は「国語力」で決まる!




タグ:国語 言葉 作文
posted by 吉原教室 at 12:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック