最初の部分

 作文では最初の部分に、まず結論を書きましょう。その後で、中身を説明します。

 例えば、新聞の見出しを見ればどんな記事かが分かるでしょう。それと同じです。結論をまず書き、そのあとに経過や詳しいところを書いていきます。何が書いてあるのか、すぐに読み手に伝わるので、読み手は安心してその後を読むことが出来ます。

 学校では、起承転結という基本的な文章構成について勉強しますが、結論から書いてある文章のほうが読む人の興味を引きます。

 また書く本人にとっても、自分が何を書きたいのかが把握できるので作文が書きやすくなるはずです。

小学生の作文通信教育講座「ブンブンどりむ」







posted by 吉原教室 at 12:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作文のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック