改行しましょう

 改行は、書く人にとって、書くリズムやテンポをよくしてくれます。改行することで、考えや表現自体がより深く展開できるようになるはずです。読み手にとっても、適度な改行があると書き手のリズムを目で追って読んでいることになるので、分かりやすくなります。

 改行のない文章は見にくいだけでなく、読んでいても何を言いたいのか分からないものです。一般的には、5〜6行ごとの改行が見やすく分かりやすいと言われています。

小学生の作文通信教育講座「ブンブンどりむ」







posted by 吉原教室 at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作文のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック