作文基本5カ条

 エピソードなどを書くとき、会話を入れると文が生きいきしたものになります。エピソードは起きた順番に書きましょう。順番を変えると、読み手がとまどう原因になります。

 ここで、文章を書くための心がけやチェックすべきことを書いてみます。

1、文章を書くためには、たくさんの文を読みましょう。
2、できるだけスッキリした表現を心がけましょう。
3、接続詞の使い方には、注意しましょう。文章のリズムをこわす原因になります。
4、いいなと感じた言葉や文章は、メモしておきましょう。
5、文章が書きあがったら、声を出して読んでみましょう。すらすら読めればいい文章、そうでなければ気になったところを直していきましょう。

 以上が作文小論文のコツ5カ条です。参考になったでしょうか。


小学生の作文通信教育講座「ブンブンどりむ」










posted by 吉原教室 at 16:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 作文のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック