サンタクロースはなぜ白いひげに赤い服?

今では皆さんが当然の用の思っているサンタクロースの姿。

トナカイのひくソリに乗って、白いひげをはやし赤い服を着ているサンタ。

もともとのサンタクロースは、皆さんが知っている姿ではなかったのです。

もともとは白や緑をイメージした要請のような姿をしていたのだそうです。

ではなぜ、赤い服に白いひげというように変わったのでしょうか。



それは、1931年にコカ・コーラが広告としてサンタクロースに赤い服を着せたから。

コカ・コーラの広告が、今のサンタの姿を作り上げたんです。

小学生の作文通信教育講座「ブンブンどりむ」




posted by 吉原教室 at 12:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444910452
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック